Gluten-free, Dairy-free
Top

100%グルテンフリー、乳製品を使わない毎日のごはんメモ
by L3M0N
About Me
I'm originally from Japan and now live in Lausanne, Switzerland with my Swiss husband and cat. We both have gluten and dairy intolerance so I cook totally gluten free and dairy free.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
レモンごはんは...
GFCF(グルテンフリー・カゼインフリー)な手作りごはん。
乳・乳製品(牛乳、バター、生クリーム、チーズ、ヨーグルトなど)、小麦・麦製品(小麦粉、セモリナ粉、クスクス、パン粉、スペルト小麦、パスタ(小麦)、パン(小麦)、麺(小麦)など)を一切使用しないメニューです。


ほかのレモンのメモブログ
レモンジャーナル
レモンえいがほん

English version
version français
カテゴリ
全体
プロフィール
ベジタリアン(Vegan)
ベジタリアン(卵)
さかな類
おやつ(Vegan)
おやつ(卵入り)
べんと
レシピ本
レシピ本一覧
うちの道具たち
未分類
タグ
(89)
(83)
(58)
(55)
(44)
(40)
(38)
(33)
(30)
(27)
(26)
(23)
(21)
(19)
(19)
(18)
(17)
(17)
(17)
(17)
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
more...
検索
ライフログ
最新のトラックバック
べトナム風ご飯
from これ旨いのか?
お米の蒸しパン 酒だね入り
from はれ、のちくもり
ひよこ豆の青海苔焼き
from はれ、のちくもり
その他のジャンル
ブログパーツ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"Ladybug1" Skin by Animal Skin
カテゴリ:さかな類( 196 )
Top▲
サーモン&ポテト
10/07/2010
サーモン(缶)
じゃがいも
a0080964_17593782.jpg

土曜日の夜のごはんです。
気合いなし。
サーモンの缶を半分ずつしました。

土曜日は午前中に市に行っていて、大量の果物を買ってきたので、それを食べたりしてあまりおなかがすかず。
果物といっても、この辺のものなので、さくらんぼとかアプリコット(あんず)とか、桃とかネクタリンとか。
ヴァレー産のアプリコットは、ジューシーで桃やネクタリンのようにおいしいのです。
あたしは大好きなので2キロ買いました。(あんず干しやジャムはしません、生食用です)
桃類は1.3キロ、さくらんぼ700グラム、あとメロン(メロンは毎週買ってます)。
あと、これは熱帯産だけど、マンゴー。
こういう果物がおいしい季節です。
[PR]
Top▲ by L3M0N | 2010-07-12 18:05 | さかな類
パーチのソテー
08/07/2010 昼
パーチのソテー
ベイクドフレンチフライ
サラダ
a0080964_17255069.jpg

パーチはクセのない淡水魚です。(フィレ)
かりっと焼いてます。
前日の残りのゆで卵やマヨソースでたれ。
お昼ごはん。

夜は。
野菜と豆と卵のスープ
キノア(り)
なすのはさみ揚げ&ジャスミンライス(ジ)
a0080964_17281736.jpg

クスクスの残りに、さらにサツマイモを入れ、卵を落としてスープ。
スープは二人で食べましたが、あとは残りが半端だったため別々です。
[PR]
Top▲ by L3M0N | 2010-07-09 17:29 | さかな類
鰯のフライ
05/06/2010
鰯のフライ、ルッコラ
赤米&ジャスミン半々ライス
a0080964_2163049.jpg
みての通り、あたしのごはん。
ジル君はグルテンフリーパスタ(トマトソース)。

鰯はすでに処理済みのものを買いました。
頭とかついてるのはたいして入ってないし、さらに安かったのでそっちがよかった気もしたのだけれど、ジル君にどうしてもフィレにしておいてくれと言われ、処理済みのものにしました。
ジル君食べないんだけど、さかななど頭ついてるといつも目をぎこちなくそらしたりしています。

さてみなずきさんちで時々みかけつつ、やろうと思っていたフライです。
パン粉もアーモンドパウダーではなく、ちゃんとこないだたくさん作っておいたグルテンフリーパンのパン粉。
衣は水溶き米粉とそのパン粉。

あれですね、食べたい気持ちを温存しすぎると、食べ過ぎますね。
めったに食べないのも悪かったのかもしれません。
さすがにもう先2-3週間は食べられそうにないくらい重症だったので、すぐに残りのフライは冷凍しました。
[PR]
Top▲ by L3M0N | 2010-06-08 02:23 | さかな類
白身魚入り野菜あん
04/06/2010
白身魚入り野菜あん
黒米入りジャスミンライス
a0080964_22531142.jpg
ピザと同じ日です。
夜は残りのピザなことが多いですが、あたしはどうしてもうずらの卵とチコリを使ってしまいたくて、無理矢理これを作りました。
白身魚はなんの魚だか忘れましたが、冷凍庫に一切れだけあったやつ。
大量のチコリと、半端に残ってたたまねぎ、小さいにんじん、ズッキーニ1本。
ああ、あと鶏皮も使いたくて、これも油代わりにかりかりに焼いて使っています。
かりかりに焼いてから、汁を含ませた鶏皮もいけますね。(塩味しっかりついてる)
汁は鶏首ブイヨン(これも残り)です。
調味は塩のみ。
ごはんは残りごはんです。
って、どれだけ残りなのだ。

翌昼もあたしはこれで、ジル君はさらにピザの残り。(1/4ずつ食べるのでまだあった)
ちっともいやがらないのをいいことに、さらにらくしています。
[PR]
Top▲ by L3M0N | 2010-06-06 23:02 | さかな類
鱈(たら)と鮭の味噌漬け
03/06/2010 やや早夜ごはん(17:00)
鱈(たら)と鮭の味噌漬け、ルッコラ
ズッキーニのタイム風味ソテー
セロリとりんごのサラダ
ほうれん草とクレソンのソテー
黒米入りジャスミンライス
a0080964_17541389.jpg
白味噌(西京味噌)に一晩つけたおさかなを焼いたもの。
よくありますね。
おいしくできました。
サーモンより鱈のがおいしかった。
(うちは相変わらずどちらも冷凍のものを使っています)
やろうと思ったのは、高山なおみさんの本をみて。
味噌は味噌床って量ではなく、うっすら塗る感じ。
お味噌は焦げやすいから、焼く前にきれいにとらないといけないので、あたしはいつもガーゼをしてから味噌を塗っています。
拭きとる手間もいらないし、きれいにとれます。
[PR]
Top▲ by L3M0N | 2010-06-04 18:03 | さかな類
エビフライ、ダブルポテトのビンダルー
27/05/2010
エビフライ
いかのコロコロ揚げ
ダブルポテトのビンダルー(カレー)_Two potato vindaloo
ブロッコリー
黒米入りジャスミンライス
a0080964_15521947.jpg
ビンダルーってお酢が入る辛いカレー。
たいていお肉で作ります。
が、これはベジレシピで、じゃがいもとさつまいも。
材料が微妙にオリジナルアレンジされていて、パプリカ(パウダー)とか入るわけですが。
それがいいのか悪いのか。
なんだかカレーなんだけど、カレーとは言い切れないようなものに仕上がります。
でもって、シェリービネガーの酸味が...微妙。
お肉ならきっと違和感がなかったかもしれませんが、いくらあめ色たまねぎ(エシャロット)をたくさん使うにせよこれを野菜だけで持っていくのは微妙すぎる。
仕上げに納得できず、大幅に調整が必要でした。(けっこう大変だった)
結果的にはジル君はおいしいとスープまでちゃんと食べていましたが、あたしは調整中の(いまいちだった時の)味見でうんざり気味だったので、具をちょっとだけしか食べず。
きっとおいしく仕上がっていたのだと信じています。
今日また味みてみようと思う。

めったに作らないエビフライですが、今年に入って2回目です。
今回はしっかり衣をつけました。
うちの2冊の本に、衣は2度くぐらせるようにあったから。(パン粉も2回のものと、パン粉は1回のものがあったので、今回はパン粉は1回の方)
えびは小さいし曲がってもいいやと思って、曲がらないようにする切り込みなどは入れてません。

写真ではみえにくいですが、いかもいます。
一口に切って天ぷらみたいに揚げてます。
はねる気配すらみせませんでした。(でも一応はねとび防止フタはしていた)

カレーを早めに作ったり、2-3週間に一度まとめて作ってる(ジル君の朝ごはんのおかず(冷凍保存))豆腐ボールを作ったり、パン粉を作るのに、パンを焼いたりしていたら、できあがったものはたくさんじゃないのに長時間キッチンにいました。
パン粉用のパンは製パン用グルテンフリー粉(MixB)のみで食パンを焼くのですが、この日はピザ生地のように米粉などを半分混ぜて作ったため、仕上がりがもっちり気味で、それを乾燥させるのにスライスしてオーブンで焼いたり、冷ましたりしていたのも原因のひとつ。
パン粉はきれいにできました。
[PR]
Top▲ by L3M0N | 2010-05-28 16:13 | さかな類
サーモン、フライドポテト
16/05/2010 昼
サーモンソテー、タルタルソース
オニオンリング
グリーンピース&にんじん
おうちフライドポテト
a0080964_1824315.jpg
かりかりのオニオンリングがおいしかった。
ジル君のこのサーモンはオニオンリングの衣をつけて焼きました
[PR]
Top▲ by L3M0N | 2010-05-17 18:03 | さかな類
おまけ...ねえさんのお寿司、かあさんの海老とさかなのカレー
01/05/2010
ねえさんのお寿司
かあさんの海老とさかなのカレー
a0080964_2155493.jpg
a0080964_21552664.jpg
前菜...になるのか、一応。
ねえさんのお寿司。
ねえさんちはみんなお寿司が大好きなので、よく作っています。
(ずーっと前にいっしょに作って巻き方を練習してもらいました)

うちと違い、生魚で。(サーモンとまぐろ)
まぐろは獲られすぎて微妙ですが、天然だけれどその品種ではないのだと、語っていました。
こっちのスーパーはWWFなどと提携してそういう(環境的な)こと気にする傾向が強いので、そんな絶滅種を売っているとはあたしも思っていません。
どちらにせよ、うちでは(あたしが食べたくなることがないしジル君はまったく熱意がないため)生魚は食べませんが、ねえさんちはお寿司は生魚派なのです。

メインはかあさんのカレー。
白身魚と海老。
ココナッツミルクベースのカレーでかなりマイルドです。
子どもたちもいるから、辛いものは期待できませんね。

どちらもおいしくいただきました。

ジル君の誕生日だったとはいえ、ジル君の好みのメニューではなかったですが、どちらもあたしたちが問題なく食べられるものと、用意してくれたもの。
ありがたいことですね。

デザートはメレンゲとお砂糖で作る焼き菓子をやろうと思っていたのだけれど、時間がなかったの...と、ねえさんが言っていました。
なので、果物。

メレンゲとお砂糖のより、シンプルに果物のがいいです。
お菓子のようなたくさんのお砂糖はつらいことになる危険性を含んでいるし、からだの調子を戻すのに少し時間かかるのです。食べるのは一瞬なのにね。
[PR]
Top▲ by L3M0N | 2010-05-02 22:11 | さかな類
無国籍風ふわふわ練り天ぷら
21/04/2010
無国籍風ふわふわ練り天ぷら
豆腐のえびあん
ひじきごはん
ロメインレタスのサラダ
a0080964_1552115.jpg
最近のみなずきさんちのごはんからアイデアをいただきました。
練り天ぷら...これはさつま揚げというべきか。
ただ、甘みがないので、さつま揚げとはだいぶ違います。
っていうか、豆腐入ってるし...がんもの方が近いのか...。
そして白身魚のさかなっぽさを和らげようと豆腐(堅豆腐です)が多い。
あとえびも少し入ってます。
卵も。
堅豆腐を使ってもこれだけいい感じにふわふわなので、水気のある豆腐は水切りがかなり重要なポイントになると思われます。
スプーンで落として揚げました。
あ、あと、味付けですが、お塩とタイのレッドカレーペーストです。
生姜とか薬味系を入れていないので、いろいろ入っているレッドカレーペーストを入れてクセをとろうとしたあたし。
小さじ半分くらい...なので、レッドカレーペーストの味が強くするわけでなく、和風ともエスニックともいえる無国籍な仕上がりで食べやすかったです。
ちょっとおさかな苦手なジル君でもいけます。

えびあんのえびはもちろん冷凍ですが、小さめのブラックタイガーみたいなやつ2匹と、むきえびを使いました。ケチりましたね。
生2匹の方で出汁をとろうとしたわけです。
みなずきさんが書かれていたように叩いて潰し気味にして作ってみました。(むきえびはそのまま)
これでも十分おいしいです。
あたしの大好きな塩味。
お豆腐は堅豆腐でなく、充填豆腐なので、絹こしみたいにやわらかいです。
(充填豆腐はうちは「四季とうふ」ってのを日本食材店で買いだめしていて、たいてい冷蔵庫に入っています)
ジル君も全然大丈夫。
お汁まで飲んでいました。

ということで、この2品はみなずきさんちでみておいしそうだと思って作ったもの。

それとあとはひじきごはん。
これもあたしの好物。

なんだ、また自分好みのメニューですが、ちゃんとジル君もたのしめるものになりました。
[PR]
Top▲ by L3M0N | 2010-04-22 16:10 | さかな類
えびとタラのカレー、レンズ豆ダンプリングのヨーグルトソース
10/03/2010
えびとタラのカレー
レンズ豆ダンプリングのヨーグルトソース_lentil dumplingsin a yoghurt sauce
タマリンドライス_tamarind rice
じゃがいもの和風カレー煮
a0080964_18264857.jpg
さかなとえびのカレーです。
食べきれなくて冷凍しておいたバターチキンのスープ(具なしカレー)を使ったすごい手抜きカレー。さかなとえびなんてすぐに火が通るので、ファーストフードです。

ファラフェルみたいにみえるまるいものは、レンズ豆...といってもウラド・ダル、チャナ・ダル、トゥール・ダル(すべて皮なし挽き割りの豆)のインドのレンズ豆(ダル)3兄弟を使って作ったファラフェルのようなもの。
ファラフェルとは少しまた違います。
皮なし挽き割り豆なので、浸水時間も3時間くらいでOK。
ヨーグルトソースは豆乳ヨーグルトと濃厚ココナッツミルク(ココナッツ風味わからない程度)、あとはもちろんスパイスと、テンパリングしたマスタードシードなどが入っています。
このヨーグルトソースは、横のタマリンドライスにつけてもおいしかった。

そうそう、奥に色が濃くてみえにくいですが場違いにも思えるじゃがいもがいますね。
じゃがいもは(ダンプリングで油を使ったのでついでに)色よく素揚げしてから、ぶち旨鶏(先週手羽元で作ったやつです)の煮こごりにカレー粉を足したものをたれにしてからめています。(煮切った)
これで煮こごりも破棄せずにすんだし、じゃがいももおいしかったです。
それに意外とメニューにも馴染んでいました。

お昼は前日の残りなどそのまま。
[PR]
Top▲ by L3M0N | 2010-03-11 18:39 | さかな類
| ページトップ |